トップ

保湿とセラミドの関係

セラミドの皮膚内での役割とは

セラミド減少と保湿の関係性

お肌が乾燥でカサカサパリパリになってしまったときにはどのようなケアをすればよいのでしょうか?パリパリ乾燥肌の原因は何なのでしょう。ここではお肌の仕組みとお肌が乾燥する原因、乾燥したお肌を改善するための方法をご紹介していきましょう。

まず最初にお肌の仕組みを見てみましょう。皮膚は何層にも重なっています。
一番表面にあるのが表皮、その下に真皮層、そして一番下に皮下組織という3層構造になっています。このうち表皮は4層に分かれており、上から角質層、顆粒層、有棘層、基底層という構造になっています。お肌は基底層で生まれ、成熟しながら徐々に上の層へと送り出されます。一番上の角質層に届くまでにおよそ28日間を要します。これをお肌のターンオーバーというのです。角質層に届いた時点で皮膚細胞は核を失って死んだ状態になります。そして体をカバーして守る仕事を終えると剥がれ落ちていくのです。

お肌が乾燥しているとは、お肌の表面にある角質層内の水分が不足している状態をいいます。では正常な状態ではお肌はどのように水分を保っているのでしょう。

角質層では角質細胞がミルフィーユのように何層にも積み重なっています。この角質同士をくっつけて繋ぎ止めている物質があります。これは体内に元から備わっているセラミドといわれるものです。セラミドは細胞間脂質という物質で、その名の通り角質細胞の間にあって細胞同士をくっつける脂質の一種です。

角質層には、他にもNMF(天然保湿因子)と言われる物質があり、しっかり水分を抱え込んでいます。セラミドはこのNMFをサンドイッチ状に挟み込むことで角質間を水で満たしてくっつけているのです。セラミドは複数ある細胞間脂質のうち、50%を占めておりお肌の水分保持のための大切な役割を担っています。

お肌がパリパリ乾燥肌になっているときは、角質層内のセラミドが不足している可能性が高いです。乾燥肌は保湿をすることで改善することができます。保湿に関する情報をお探しの方はこちらを読んでみてください。