トップ / セラミドを化粧品で補う重要性

保湿とセラミドの関係

セラミドを化粧品で補う重要性

保湿成分セラミドは敏感肌にも

皮脂の少ない女性のお肌は概して乾燥しがちなものです。角質層内のセラミドが十分にお肌を保湿できるためのチェックポイントをいくつかあげましたが、それでも乾燥してカサカサ、パリパリとして、場合によってはこれが原因でお肌が敏感肌に傾いて化粧品、特にローションなどがぴりぴりとした刺激になることもあるかと思います。セラミドは表皮の一番上の角質層にあってお肌を守っている物質です。セラミドの不足が原因で乾燥肌になっている場合は、保湿化粧品で補ってあげると効果が出やすいので是非試してみてください。

セラミドは元々角質層にある成分なので、アトピー性皮膚炎や敏感肌などでお肌にトラブルが出やすい方でも比較的安心して使える成分です。
むしろ、保湿化粧品に配合されているその他の成分がアレルギーの原因や刺激になることもありますから、商品を選ぶ時は注意しましょう。

さて、保湿には主に3種類のアプローチがあります。外部の水分を吸着して保湿するタイプ、水分を抱え込んで保湿するタイプ、水分を挟み込んで保湿するタイプです。セラミドによる保湿は最初の項でお伝えしたように水分を挟み込むタイプで、最も高い保湿力があります。ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどは水分を抱え込むタイプで、セラミドほどの保湿力はありませんが、セラミドと併用することでさらに効果が高まることを期待できます。

セラミドによる保湿をすると、乾燥肌がおさまるだけでなく色々な効果があります。
乾燥がおさまることで抗掻痒作用がありますし、肌のターンオーバーのサイクルが整うので次第に体内で生成するセラミドの量も増えることになります。乾燥がおさまるとアトピー性皮膚炎の症状もでにくくなります。