トップ / 化粧品配合のセラミドの種類

保湿とセラミドの関係

化粧品配合のセラミドの種類

化粧品に配合の保湿成分セラミド

化粧品に配合されるセラミドはヒト型セラミドと非ヒト型セラミドの2つの種類に分類されます。そしてそれぞれが2つの種類に分類されるので、合計4種類になります。それぞれに特徴がありますので、セラミド配合の保湿化粧品はこれを踏まえて選ぶとよいでしょう。順番にご紹介していきましょう。

非ヒト型セラミド
・動物セラミド
動物セラミドとは馬などの動物の脳や脊髄から取ったセラミドです。化粧品のパッケージには「セレブロシド」「スフィンゴ」などと記載されています。人間の体にはない成分であり、また動物由来の成分なので安全性に関しては注意が必要です。

・植物性セラミド
米ぬか油や小麦胚芽などを原料に作られ、グルコシルセラミドを主成分としています。セラミドそのものではなく類似細胞間脂質です。ヨーロッパで狂牛病が流行して以来、安全性の面から特に注目されるようになりました。こんにゃくを原料にしたものなどは安価なこともあり、多く使われています。特にセラミドのサプリメントはこんにゃく由来のセラミドがほとんどと言ってもよいくらいですが、類似細胞間脂質の名の通り人の体内にある成分ではないのでお肌への親和性はヒト型セラミドなどに比べると劣ります。

ヒト型セラミド
・天然型合成セラミド
バイオセラミドとも言われ、酵母を利用して生成したものです。人間の体内のセラミドと同じ化学式でできているのでこの呼び名があります。人間のセラミドに近い形なので、お肌への親和性も高いのが特徴です。成分表示にはセラミド1、2、3、6などの数字がついています。これは、前述のセラミドのタイプを表しているので、それぞれの特徴を参照してみてください。

・天然ヒト型セラミド
最も肌への親和性が高く保湿力も高いタイプです。自然物から抽出したのちに精製して作られています。原料にコストがかかり抽出技術も要することから商品は高価なケースが多いです。