トップ / 化粧品配合のセラミドの種類

保湿とセラミドの関係

セラミド配合化粧品の選び方

保湿化粧品の選び方について紹介

セラミド配合の保湿化粧品を選ぶ時にはいくつかポイントがあります。
まず、保湿剤のタイプに注目しましょう。セラミドは保湿力がありますが水分そのものではなく、水分を保持する脂質の一種です。ですから、セラミド配合の保湿剤はとろりとした乳液や美容液、クリームなどの種類が一般的です。セラミドは水に溶け出す成分ではないので、さらっとし過ぎたローション状のものはセラミドの配合量が少ない可能性があるので、成分表記をよく見てください。成分表記では、配合量が多い順に記載することになっているので目安にしましょう。

セラミドの種類もチェックポイントのひとつです。
前項でも触れた通り、配合されているセラミドは4種類のタイプに分かれていますが、効果が高いのは、まず天然ヒト型セラミド。それから天然型合成セラミド=バイオセラミドといえるでしょう。次に動物性セラミドが挙げられると思います。やはりクオリティが高いものほど価格も高くなる傾向になります。

また、セラミドの配合量も確認しましょう。あまり安価なものは配合量が微量な場合もあります。パッケージのサイズにもよるので一概には言えないのですが、3000円台以上くらいの価格帯が目安になるかと思います。

セラミド配合の化粧品は保湿、アンチエイジングだけでなく、敏感肌向けに特化したシリーズも多く見受けられます。敏感肌向けのものはトライアルキットや無料サンプルを用意しているブランドが多いはずです。敏感肌の方は、お肌に合わない成分も多く短期間のパッチテストでお肌との相性を確認してから購入したい場合が多いからです。価格も比較的高めのお化粧品ですから、このようなキットや無料サンプルがあるブランドの場合は是非とも利用してみましょう。